医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

当院の沿革

開業当時のやまな病院

大正5年(1916年)、前理事長山名正俊の祖父、故山名正士がこの地児島で開業以来、今年2016年で通算100年を数えます。平成8年に組織形態を医療法人に変更しました。法人名の「百子(ひゃくし)」は「百子長生(皆いつまでも元気で)」という言葉が語源です。

2000年3月病院を新築、4月より「やまな病院」と改め、従来の内科に循環器内科、消化器内科、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科が加わりました。

5階建て、バリアフリーの建物で倉敷市より「人にやさしい都市施設」として認定されました。上部階からの眺めは良く、瀬戸内の島々や瀬戸大橋がきれいに見えます。「人にやさしく病にきびしく」を理念とし、地域に密着した医療に取り組んでいます。

2014年8月に病床数を28床から19床に変更し、「やまな内科整形外科」と名称を改めました。

理事長のアトリエ

このコーナーは故山名正俊理事長の遺稿として残されたものです。

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る