医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

副院長出口の内科ひとくちアドバイス

part6「SARS(重症急性呼吸器症候群)」 2003
6.1

最近、新聞等で騒がれているSARSとは、日本では、現在までに
感染者の報告はありませんが、致死率の高い新型肺炎の一種です。
「疑い例」は、急な発熱、咳、呼吸困難などを示す方のうち

  1. 発症前10日以内にSARSの発生が報告されている地域に旅行または居住していた方、あるいは、
  2. 発症前10日以内にSARSの方の看護・介護など接触のあった方のことを指します。

さらにそのうち、次の3つの条件を一つでも満たす方が「可能性例」と定義されています。

  1. 胸部レントゲン写真で肺炎、または肺炎類似所見を示す方
  2. はっきりとした原因がなく病理解剖所見が呼吸窮迫症候群を示す方
  3. SARSコロナウイルス検査で陽性となった方

SARSの原因として新型のコロナウイルスが考えられています。
通常、約1メートル以内で起こり得る飛沫感染(咳やくしゃみのしぶきがかかること)や
接触感染により、ウイルス感染が成立し発症すると言われています。
有効な治療法の確立がない現在では、
二次感染防止目的の抗生物質投与とヒトの自然治癒力に頼らざるを得ません。
そのため、SARS感染の予防が大切です。
私達ひとりひとりができるSARS感染の予防には、

  1. SARS発生地域への渡航をひかえること
  2. 手洗い、うがいを、今まで以上に励行すること
  3. 飛沫感染防止のために、十分とはいえないものの通常のマスクを着用すること

などが有効とされています。
世界中のSARS発生地域での新たな患者発生数は、減少傾向にあるようですが、
冬場の再流行に警戒が必要とも言われております。
今後も予防策を怠らず、自己防衛に努めましょう。

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る