医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

副院長出口の内科ひとくちアドバイス

part7「心房細動って何?」 2004
6.1

近頃、時々耳にする「心房細動」って何のことでしょう?
長嶋茂雄さんが脳梗塞で倒れましたが、
この脳梗塞の原因となる基礎疾患のひとつに心房細動があげられます。
不整脈のひとつで、心臓の上側の部屋(心房)が異常興奮して、
まちまちに下側の部屋(心室)へ刺激が伝わり、
不規則な心臓収縮が起こるというものです。
そのため、心房内血流のよどみをきたし、
血の固まり(血栓)が心臓内にできやすくなります。
一過性の(一時的な)心房細動であれば、
もとの正常なリズム(整脈)にもどり得ますし、
もどしておく方がよいとされています。

長期間心房細動が続いた場合は、整脈にもどりにくく、血栓形成が予測され、
逆に無理にもどそうとすると血栓がはずれて脳の血管に飛んで、
脳梗塞を発症する可能性があり、
このような場合は慢性心房細動として
血栓予防療法を行うのがよいと言われています。
また、心房細動は心不全の原因となりうるもので、
心拍数を調節する必要があります。
症状に応じて強心作用のある薬剤でコントロールすることが可能です。
不整脈のひとつ「心房細動」は、緊急を要する不整脈ではありませんが、
長い目でみると、血栓症や心不全を予防するよう
治療継続の必要な疾患と言えるでしょう。

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る