医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

薬局通信

なるほど・ザ・水虫 2004
6.1

今回は水虫の話です。
かゆくて、つらい、恥ずかしい・・・。
水虫の悩みは深刻ですが、「どうせ治らない」と半ばあきらめている人は多いようです。

しかし、それは大きな誤解。水虫は正しく治療をすれば必ずよくなる病気です。
水虫とは白癬菌と呼ばれるカビの仲間が、皮膚に感染したために起こる病気です。
白癬菌は空気中にも多く存在するカビですが、特に高温多湿な場所を好みます。
頭部や体、手や股部にも感染しますが蒸れやすい靴の中は特に格好の住みかとなり、足に発症しやすいというわけです。

★治療は根気よく、気長に
治療は白癬菌を殺す抗真菌剤が中心になります。
抗真菌剤には塗るタイプの外用剤と内服薬があり、症状やタイプに合わせて処方します。

白癬菌のしつこさに勝つには、負けずに根気よく治療を続けることです。
かゆみ等の症状がとれて「もう治ったかな?」と思っても白癬菌は死滅していないことが多く、高温・多湿などの条件がそろうと再び活動をはじめます。根気です。

★水虫予防の4カ条
1. 感染源を避ける(複数の人が使う履物やマットには注意しましょう)
2. 清潔にする(足や指をせっけんでよく洗い、汚れを落としましょう)
3. 乾燥させる(足を洗った後は、水分を良くふき取って乾燥させましょう)
4. 通気をよくする(通気性の良い靴や靴下を履き、ときどき靴を脱ぎましょう)

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る