医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

管理栄養士のすすめ

第5回「健康日本21って御存知ですか?part4」 2003
6.1

前回のパート3で、
10年後に向けて具体的に増していきたい食品、
減らしていきたい食品についてお話しました。
(約1年前なので忘れられたでしょうか?)
その中で、豆類 現状1日76グラム→目標1日100グラム以上という項目がありました。
今回はその豆類、特に大豆に注目してみましょう。
最近特に大豆の健康機能が見直され、
骨粗鬆症、循環器病、ガン等の生活習慣病を防ぐ重要食品として、注目を集めています。
例えばガンについて言えば、
アメリカの国立ガン研究所を中心とした研究グループが、
ガン予防の可能性のある食品のピラミッド図を示し、
その中で大豆は最上位の食品群に位置づけられています。
大豆の有効成分は、イソフラボン、サポニン、食物繊維、大豆タンパク、
カルシウム、レチシン等挙げられています。
予防効果を期待するには、1日40~50グラムのイソフラボンを摂る必要があります。
大豆の成分を丸ごと摂取できる煮豆や納豆などはとても有効な食品だと言えます。
また最近では、大豆をそのまま飲み物にしたもの、
ペースト状にして料理に使用できるといった商品も市販されています。
皆様がまめに暮らせるよう豆をまめに食卓へ なぁ~んて☆

管理栄養士 山田

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る