医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

管理栄養士のすすめ

第6回「健康日本21って御存知ですか?part5」 2003
9.1

前回のパート4でガン予防の可能性がある食品、「豆」についてお話ししました。
今回は健康日本21の食事のポイントになっている「日本食」についてお話しします。
現在我が国は世界一の長寿国となっていますが、
その原因がご飯を中心とした日本型食生活にあるとして海外からも注目されています。
その基本の型が「一汁三菜」です。
御飯を中心に、魚、肉、大豆を使った主菜を一品と、
野菜や海草を使った煮物や酢の物、和え物などの副菜を二品の献立のことをいいます。
一汁三菜の形成はバランスも自然に整います。
最近は口当たりや見栄えの良いものを選んでしまい、
昔のようによく噛んで時間をかけて御飯や食物繊維の豊富なおかずを食べなくなりました。
それでは満腹感を得られず食べ過ぎてしまいます。
噛めばヒスタミンが出てきて、満腹中枢を刺激し食べ過ぎの予防になり、また頭脳にも良い刺激になります。
噛む回数の少ない口当たりの良い食べ物は欧米のものに目立ちます。
日本食は世界に誇る非常にバランスのとれた栄養食です。
健康で活動的に長生きするには、日本食のようにいろいろな食材の組み合わせが大切です。

栄養士 葛岡

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る