医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

放射線小話

「変わる健康診査」 2005
3.1

今年も予定通りならば6月から市の健診があります。
その健診にも少しずつですが変化が起ころうとしています。
先日、倉敷市定例議会の中で超党派の議員たちが
乳ガン検診のあり方について市側に問題提起していました。
現行の乳ガン検診は主に触診、つまりは医師が触って、その感触で乳ガンを診断していました。
これでは早期の乳ガンは発見できません。
乳ガンはその性質上転移を起こしやすい病気ですので、
早期に発見しなければ助からない可能性が高いのです。
そこで、今年の検診からマンモグラフィーが必須項目に加わることになりそうです。
マンモグラフィーとは乳房撮影専用機です。
残念ながら当院にはありません、当院だけでなく導入している施設は少ないです。
さらに上半身裸で受けなければならない、女性の放射線技師がまだまだ少ないなど、問題もあります。
ですがマンモグラフィーを受けるのとそうでないのとでは大きな発見率の違いが出るでしょう。
ぜひ、女性は受けてみていただきたいと思います。

乳ガン検診だけでなく肺ガン検診にも変化は起こりつつあります。胸部CT検診です。
これは導入にはまだまだ時間がかかるでしょうから、次回にじっくり解説したいと思います。

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る