医療法人社団百子会 やまな病院

文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする

放射線小話

「変わる健康診査その2」 2005
7.1

前回、乳がん検診の制度が変更になったことをお伝えしました。
当院ではできませんが、マンモグラフィーが加わりました。

さて、今回はCT検診についてお話しします。
本来、市の行う健康診査とはガンの死亡率を下げるために実施されています。
死亡率の高い肺ガン、胃ガン、大腸ガン、肝臓ガンという4つのガンの早期発見が大きな目的です。
胃ガンは、バリウムの品質向上と、検査技術の進歩で年々死亡率は下がっているようです。
大腸ガンは、便潜血検査の質向上と、内視鏡の普及が進んでいます。
肝臓ガンは、近年血液検査が追加されました。
問題は肺ガンです。胸部X線写真で診断していますが、発見率は横ばいです。
逆に肺ガンによる死亡率は増加しています。
胸部写真では、小さなガンは見つかりにくいため、
早期発見にはつながりにくいというのが検診学会の見方のようです。
そこで今、各地で導入が始まっているのがCT検診です。文字通り、CTで肺がん検診を行うというものです。
早期発見率が大幅に向上したというデータが出ています。
ただ、撮影にかかる費用が検診としては高すぎるとか、
撮影法が施設によってまちまちで、検査の質に差が出ることなど、問題山積みです。
実際に制度化したCT検診になるのは当分先のことでしょう。
しかしながら、当院でもCT検診を始めようかと検討しているところです。
もし、ご希望があればいつでもお申し出ください。

お問い合わせ

086-472-3012

診療時間 午前9:00〜12:00
午後3:00〜6:00
外来担当医表を見る
休診日 土曜日の午後および
日曜・祝祭日

所在地

(医)社団百子会 やまな内科整形外科

〒711-0906
岡山県倉敷市児島下の町 10-2-12

地図を見る